陰陽師呪文は陰陽師が陰陽道や神道の言霊を使い様々な視点から祝詞や呪文を行うコーナーです。

陰陽師呪文

陰陽師呪文をあなたのために送ります。

岡山県占い師道広義博の見解
神道の呪文・・・神道の呪文は正式には祝詞または祭文と呼ばれます。
陰陽道における陰陽師の呪文は神道との繋がりが深く、
神道の祝詞なくして陰陽師呪文を語ることはできません。
「神道の祝詞」とは何でしょうか。
まず神供祝詞を読み上げ神々の降臨を祈る降来要文を祈り三科祓いを行い神々を召喚するのです。
陰陽道における呪文の根本はそこにあります。
陰陽師は神道の祝詞を根本とした呪文を行い願望成就を図るのです。
そして陰陽師は祈念祝詞を読み上げ様々な願望成就を図るのです。
愛における呪文として大黒神甲子祝辞があります。
金の神として金比羅神祓があります。
学問の神として天満宮祝辞があります。
そして最も強力な祓いとして庚申祓いがあります。
陰陽師の呪文は神道を根本としますが、
仏教や密教の呪文を使う場合もあります。
なぜでしょうか?
それは神仏習合という思想から成り立っているのです。
陰陽師呪文は神道、仏教、密教を習得しなければ様々な問題に対応することが難しくなります。
恋愛、金運、学問、仕事、健康、受験、病気、子授け、子宝など様々な
呪文が多ければ多いほど願望成就が達成しやすくなります。
祈りの際の秘訣は結界を張り、方位、方角などを緻密に考察しどの呪文を使うかは陰陽師の経験による所が多く、
呪文が豊富であれば豊富であるほど様々なジャンルに対応できる陰陽師と言えるのではないでしょうか。
それゆえ陰陽師呪文として陰陽師が結界を張るとき、
特に鬼門封じが大切であり、鬼門を封じ込める際に馬頭観音の真言を唱えるのですが、
陰陽師の経験なくして鬼門封じは難しいと言えます。
陰陽師の陰陽道における入門と言える鬼門封じは最も難しいもののひとつだと言えます。
陰陽師に入門してから陰陽道入門の呪文は最も難解と言っても仕方がなく、
何事も経験の上に成り立つのです。
☆陰陽師の印・・・陰陽道、特に現代陰陽道において印が重視されています。
どうして陰陽道と印が関係があるのでしょうか。
陰陽師が印を結ぶのにはどういう理由があるのでしょうか。
印とはいったい何なのでしょうか。
印とは祈る神々と同一になると言う意味で印が使われるのです。
☆陰陽師の呪文・・・陰陽師の呪文を唱える前に九字を切ると言うことがあります。
しかし案外知られていないのが十字です。
九字を切って対応できない場合は十字を切るのです。
特に悪霊退散などは十字を切ることが必要となる場合があります。
☆陰陽道と神道・・・道広義博は考えます。陰陽道と神道の呪文の違いとは何でしょうか?
神道でお祭りなどで神様を降臨させる祝詞があります。
お祭りなどで太鼓を打ち降臨の祭文を読み上げるのです。
太鼓は私の陰陽道でも打ち鳴らします。そこに陰陽道と神道の共通点があるわけです。
しかし私は神道で行われるべき呪文による行事が行われていないケースが多いことを存じ上げています。
それは家を建てるときなど竹を立てて土地の神様を鎮め、
神様を降臨させる場合がありますが神道では大切な行事が行われていない場合があります。
それは何でしょうか。
皆さん降臨させた神様は元の本宮へお帰りを願わなければなりません。
それは送納要文という呪文です。
送納要文を唱えなければ神様はお祭りでも元の本宮へお帰りになることが出来ません。
陰陽道における陰陽師が果たすべき使命のひとつに神道の見直しや根本的な祈りの習得があげられると思います。
☆また、陰陽師の経験により急急如律令という命令文を「きゅうきゅうにょりつりょう」「きゅうきゅうにょりつれい」
または「もってりつれいのごとし」など使い分けが行われている場合があります。
これらは全て陰陽師の経験によるものです。
☆不動尊祈り経・・・不動尊祈り経は現代陰陽道で最強の呪文と言えるでしょう。
「一心に祈り奉る、香の煙はかすかなれども天に通じて天くだらせたまえ。その時に大日大聖不動明王。
五色の雲の中より御身姿を表せたまう・・・天も感応、地神も納受。所願も成就。みくじはさらさら。」
と祈る呪文こそ最強の陰陽師呪文のひとつだと言えます。
☆天魔の偈・・・天魔外道皆仏性、四魔三障成道来、魔界仏界同如理、一相平等無差別
と言う別名天魔の呪文も強力です。
この事からもお分かりのように、陰陽師呪文の祝詞、真言、お経、陀羅尼などは多いに越した事がないと感じます。
☆陰陽師結界・・・陰陽師結界とは何でしょうか。
陰陽師結界とは護身法を意味するのではないでしょうか。
私の場合、結界は馬頭観音の真言と手印を空書して結界を張ります。
様々な結界が父より口伝として残されております。

陰陽道呪文・・・陰陽道は風水とも関係があります。
南天は鬼門よけに効果があるといわれ、
特に白南天は鬼門の方角に植えると
鬼門よけとさまざまな難を転じる効力があると言われ、
陰陽師は南天を鬼門の方角に植えて結界を張り、
呪文を唱え様々な願望成就を図るのです。
陰陽道と方位方角は密接な関係があり、
陰陽師は陰陽道の立場に立ち様々な視点や観点から呪文を繰り出して
願望成就を図るのです。
  陰陽道風水・・・陰陽道と風水との関係において考察したい。
私の経験によると、鬼門において北東の表鬼門に白南天を配置し、
南西の裏鬼門に赤南天を配置する。
方位は私の経験による見解であるが、
表鬼門の方位方角が白南天で裏鬼門の方位方角が赤南天である。
南天とは難を転じるという言葉から
南天をこじつけたと言う考えもあるが、
まんざら迷信ではない。
紅白の南天を配置することは
私の見解として陰陽道に必要なことだといえる。
  陰陽道鬼門・・・陰陽道鬼門について考えます。
神道において榊は霊験あらたかな植物とされています。
そして榊は神道において欠かせない植物です。
神事の折は榊がないと神事は行えないと考えても過言ではありません

また一方で陰陽道思想において陰陽師が榊を用いないことは
私には考えられない事です。
さまざまな祝詞や呪文を用いる陰陽師にとって榊は鬼門よけ、
または神の宿る植物と申し上げてもよいでしょう。
  陰陽道鬼門・・・陰陽道鬼門を守る植物とは何でしょうか。
陰陽道鬼門を守る植物は様々に考えられます。
しかしながら何を持って鬼門を守る方角や方位に植物を配置するのでしょうか。
私は父が様々な植物を家に配置している事に驚くとともに
緻密さに感服します。
左の図はヒイラギです。
ヒイラギは葉が尖っており日本古来の思想から鬼門よけとして
最適な植物と考えられます。
神道と陰陽道思想について・・・神道には五元之神を拝む詞と言う祝詞があります。
五元とは風、火、金、水、土の五種の神のことであると示されています。
つまり占いでいう五行とは異なると言う思想です。
しかし三宝荒神経と言う経文には木火土金水と言う五行の神の存在が示されています。
私は神道と陰陽道思想の不調和の中に調和を見出します。
五行とは何でしょうか。
五行とは我々の生活に必要な物質ではないでしょうか。
それを経文や祝詞に変換したのが陰陽道であり、
祝詞を唱えるのが陰陽師の職責だと考察します。
五行とは陰陽道において陰陽師が唱える日本古来の生活のあり方を盛り込んだ祝詞であると考えます。
   陰陽道五行思想と松・・・・五行の神は竃神とも言われ、
その際には松の木を供えることが説かれています。
松の木は夫婦・子孫の繁栄をもたらす銘木なりと示されており、
五行の神を祈るときには松の木を供え、
木の神・火の神・金の神・土の神・水の神を祈り、
田、畑、海、川、山の森羅万象を祈ることが大切です。
また、その際にも陰陽道の呪文が唱えられます。
この際、神道の五元の神の祝詞と異なる点は、
陰陽道は宵の明星、夜中の明星、明けの明星の
星を祈る点があげられます。
この点から見ても陰陽師と星や月などの関係は深いと考えられます。
陰陽師呪文と植物は関係が深いと言えます。
陰陽道において呪文の際、気の流れが大切です。
気の流れが乱れると呪文の効果に変化があると考えるからです。
 また、一方で家の家相として伝統的に「イチジク」は家の庭には植えてはならないと父の道広歳明から言われております。父の道広歳明からイチジクという果実は家の運を取ってしまうと言われ、
父の指導の下で岡山県和気郡の妻の道広美晴の実家のイチジクを切り倒しました。
あくまでも実体験であり個人的見解です。
そして父の見解で妻の家の不要な植物を片付けた思い出があります。

陰陽師呪文はこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=EkhOHE34bSo 開運、恋愛、病難のお祓い
あくまでもサンプルですので、本格的なお祓いはお電話でご依頼ください。

陰陽師呪文

〒709-4255
岡山県美作市国貞579-1
TEL.0868-75-1385
FAX.0868-75-2016


安倍晴明のタウンページ

密教呪術

安倍晴明ブログ

陰陽師道広一成

陰陽師杉田ぷう

陰陽師安倍晴明の母は狐

陰陽師九条アクアブログ

安倍晴明が本当の事を
言わせていただきたい


安倍晴明ニュース

安倍晴明ツイッター


岡山県占い師の宗家安倍晴明です。
岡山県は松末連月先生の心易が昭和時代に流行(流行り)ました。私は心易を松末連月先生を参考にしながら、心易の権威と言われる浜地金剛さんの境地を独自に学び、オリジナルの安倍晴明心易を開発しました。時代が移り変わり、霊感霊視の時代になりました。私は霊感霊視とは「霊を視るもの」という主張を広告代理店に主張し、心霊現象を見るのはおかしいという主張で「サイキック」という言葉を使いました。私は占い雑誌で「サイキック」を使用した電話占い師のパイオニアだと思います。不思議なことに、私以外の人物が電話占いで「サイキック」という言葉を使用している事実を認知していません。岡山県で電話占い師を専業としてプロの電話占い師になってから「サイキック」を中心に「チャネリング」を行い電話鑑定を行っています。様々な占術も習得し、エジプトタロット、中国タロット、ダウジング、本水晶占いを根本として緻密な占いを誠実に行うことをポリシーとしています。異性の生年月日がなくても電話占いは可能です。自分でもサイキックで可能だと自負しています。しかしもし更に高度な電話鑑定がご希望でしたら生年月日のご報告をお願い申し上げます。

本水晶占いを行っている画像です。
本水晶占いは天然の水晶で占いを行う事が大切です。水晶凝視を行い、様々な状況や気持ち、オーラ鑑定などを行い緻密な電話占いを行いたいと存じます。

泰山府君の祈願、祈祷には泰山府君に必要な榊だけではなく、難を転じるという意味合いを含めて「赤南天」「白南天」を幣の代わりに使用するのが岡山県占い師の講の家系安倍晴明の祈願のやり方です。

お床神事は岡山県電話占い師の道広家の新年を迎える伝統的な神事です。お床神事は「お床様」と道広家では呼ばれ、五種(いつくさ)のたなつものをお供えし、旧年の神様を送り、新年のお迎えをする道広家の行事です。

講の家系の道広強は当時、自動車免許ではなく、単車の免許を持ち、道広歳明とともに墓参りを大成や朝霧清次氏の付近に存在する朝霧家の付近にある墓に参拝していました。
道広歳明は単車で墓参りを行っていました。
昭和年代の思い出です。

講の家系の道広家では道広強をはじめとして道広きぬ代、道広歳明、道広美恵子に至るまで牛を生活の一助として飼っていました。